【即効】寝るだけで若返りホルモンがドバドバ出る?快眠のススメ

[ad#co-1]
どうも、mrBです。
仕事を辞めて独立しようと考えている今日この頃です。
さて、今日は若返りホルモンを出すのに欠かせない睡眠の質を高めてドバドバとホルモンを出す方法を記事にしました。
簡単におさらいすると若返りホルモンは
運動
睡眠
食事
の3つが分泌を促すポイントでしたね。
運動の面でな太ももを鍛えること
睡眠の面ではよく寝ること
食事の面では空腹を感じること
がキーワードになっていましたが、今日はそのうちの一つのよく寝ることについて役に立つ内容になっています。
つまり睡眠の質を高めるということについてです。
みなさんは睡眠を高めるにはもしかしたら低反発枕とか、アロマオイルとか、何かと商品が必要になる印象があるかもしれません。
じっさいにこれらの商品は自律神経を鎮めて眠り易くする効果がありますから、これはこれで活用するといいです。
ですが、今日は私たちが日々行っている呼吸を1分間意識して変えるだけで、自律神経を鎮める方法をレクチャーしちゃいます。
それの一つが4-7-8呼吸法です。
これは名前のまんま、4秒吸って7秒息を止めて8秒吐く呼吸方法です。
これは1分以内で出来る呼吸方法ですから効果があるか試してみてください。
もう一つが丹田式呼吸法です。
[ad#co-1]
あぐらをかいて両手をへそから5cmくらいにある丹田下に置きます?鼻で息を吸って吐くときに丹田を意識するのがポイントです。
1分間に7から8回の呼吸をして呼吸が通常より半分程度の呼吸数になって脳波がα波になります。
このα波がリラックス効果を生み出すので、丹田式呼吸法は睡眠の質を高めると言われています。
3つ目が密息です。これは江戸時代からある横隔膜を使った呼吸で、お腹全体を使って深い呼吸ができるので新陳代謝にも良いとされています。このやり方についてはコメントをくだされば、私が返信をしますので興味ある方はコメントをくださるようにお願いします。
さて、以上の呼吸を実践すると低反発枕などと同じように自律神経が調整されますから、ぜひやってみるといいと思います。
その他、環境から睡眠を整えたい場合は
香り
ストレッチ
証明
寝る前のトイレ
を意識してみてください。
香りはアロマなどいい匂いのものを部屋に置く
ストレッチは身体の筋肉をほぐして、息をとめずに呼吸する
寝る前にトイレに行ってこれから寝るという意識にしてしまう
照明はスマホなどは寝る前に控える
これらを意識しましょう。これだけでだいぶ睡眠の質は上がります。
若返りホルモンを出すために、みなさんサプリメントを買われたりしているかもしれませんが、睡眠の質を上げるだけなら、お金をかけなくても出来ることがあります。
呼吸法も1分以内なら、試しにやってみてもいいかと思います。
ちなみに私は8秒息を吸って32秒息をとめて16秒息を、地元の温泉に浸かってよくやっていました。
その間の呼吸は苦しくてツラいのですが、翌日以降の状態はよくなっていたように思います。
今日の記事の内容を実践して睡眠の質を上げて頂けたらと思います。
[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です