痩せる〇〇で簡単ダイエット速報!食事メニューやレシピ、サプリは?

「なんであいつはあんなに多く食べているのに、太らないんだ?ムキー!!」
と、こんな考えをしたことはありませんか?
不公平なことに、実際にダイエットで食事量を抑えても痩せない人がいますよね。
肥満体型で汗をかきながら、どうしたら痩せられるのかと日々ダイエットに励む方もいます。
逆にヨダレが垂れるほど美味しい物をお腹いっぱい食べても変わらない人もいますよね。
例えば、大食漢で細身の有名人さんをテレビで見てしまうと、なんで太らないんだ?世の中不平等だ!と思ってしまうかもしれませんね。
ですが、不平等には不平等なりの理由があるとしたら、あなたも不平等に思われる側の理由をとりいれたらいいだけの話しです。
あなたが見ている、食べても太らない人にあなたもなれるとしたら、、
あなたがムキーと感じていた有名人のようにカッコいい身体になれるとしたら、、
その瞬間もしかしたら、不平等に感謝しているかもしれません、
 ▶【禁断】ドクンドクンでるだけ痩せる謎の物質とは?
さて、食べたら食べた分だけ太る人と、食べても太らないひとの差は何だと思いますか?
その秘密は「痩せるホルモン」です。
ホルモンってあの、成長ホルモンとか男性ホルモンとか女性ホルモンとかのことですか?
そうです、そのホルモンのことです。
そこで今回は、痩せるホルモンをドバドバ出す方法についてご紹介します。
その痩せるホルモンの名前は「GLP-1」といいます。
このGLP-1をたくさん持っている人は羨ましいことに、痩せやすく沢山食べようが太らないといわれています。
逆にGLP-1が少量の人は太りやすい状態といわれています。
つまり、体内のGLP-1の量が、多くのひとをムキーと思わせるような笑、カッコいいもしくは、美しいカラダになるかを左右させるということです。
恐ろしいことに、このホルモンの量が痩せやすくするのか、それとも太りやすくするのかを決めてくるんですね。
 ▶禁断の痩せるホルモン「GLP-1」の特徴とは
GLP-1とは「グルカゴン様ペプチド-1」の略です。
特徴を挙げると次のようなものがあります。
* 
食事をすると出される
* 
満腹中枢を活動させる
* 
糖質の吸収を抑制する
* 
インスリンを出しやすくする
* 
分泌量に個人差がある
GLP-1がいつ出させるかと言うと、食事時です。食事で分泌され、分泌量が多くなると、しっかりと満腹中枢が刺激されることになりますから、食べ過ぎる可能性が下がります。
また、糖の吸収を抑制すると、体に脂肪が溜まりにくくなります。
さらにインスリンが出されやすくなることで、血中に増加した糖から変わった「ブドウ糖」をちゃんとエネルギーに変えてくれます。
ですからGLP-1が減少してしまうと、糖質の代謝が追いつかなくなります。
血中に溢れるブドウ糖は脂肪としてカラダ溜まってしまいます。
さらには満腹中枢が刺激されなくなるので、食べ過ぎる恐れもあります。
これが痩せるホルモンであるGLP-1が減ると太る理由ですから、増やせば食べても太らなくなるカラダを手にいられるのですね。
ですが、実際のところGLP-1には分泌量に個人差もあります。
恐ろしいことに、何もしなければ「食べても太りにくい人」と「太りやすい人」の両方が個人差に影響されてしまうのです。
さてダイエットをするあなたにとって、のどから手が出るほど欲しい「痩せるホルモン(GLP-1)」なんですが、どこで作られてるかわからないと増やしようがないですよね。
じつは、腸で作られているのです。
つまり腸内の環境をととえれば、痩せるホルモンの分泌量は増えるわけです。
ですが、困ったことに私たちは年を重ねるにつれ、腸内の悪玉菌がだんだん増えやすくなっていきます。それは普通の生活を送っていても変わりません。
私たちは生きているだけで腸内環境が悪化していく傾向があります。
腸の環境が悪化すれば、下痢や便秘などが発生して腸の動きが悪くなります。つまり、痩せるホルモンの分泌量も減少してしまいます。
私たちは年を重ねる毎にだんだん太りやすくなってしまうわけですが、腸内の環境を整えれば、個人差や年齢の影響を少なくすることは可能です。
腸内環境を整えれば痩せるホルモンの分泌されやすくなりますかは食べても太らないカラダになります。
痩せるホルモンを出すカギは「腸」にあったわけです。
ちなみに腸働きが活発になると代謝が増えて、消費エネルギーが増加しますからホルモンを除いても、腸の環境が大事だとお分かりいただけたかと思います。
では次に、おまちかね?の食べても太らないカラダになるために、痩せるホルモン(GLP-1)を増加させる方法をご紹介します。
 ▶
【速報】ダイエットの効果を爆発的に高める栄養素がいま明らかに…

腸内の環境さえ整えば、痩せるホルモンが大量に出されるようになります。腸内の環境を良くする方法といったら、腸の中の乳酸菌を増加させる方法ですよね。
乳酸菌を増加させるには、乳酸菌その物を摂ることはもちろんのこと、「オリゴ糖」や「食物繊維」をどんどん摂っていく必要があります。
オリゴ糖や食物繊維は、乳酸菌のエサになるので、乳酸菌が生き生きするわけです。
乳酸菌が摂れる食べ物には、次のものがあります
乳酸菌が多い食べ物
* 
ヨーグルト
* 
キムチ
* 
漬物
オリゴ糖が摂れる食べ物には、次のものがあります。
オリゴ糖が多い食べ物
* 
タマネギ
* 
ネギ
* 
キャベツ
* 
ゴボウ
* 
アスパラガス
そして、「キャベツ」や「ゴボウ」などには食物繊維も大量に含有されていますので、オリゴ糖と一緒に摂取することができます。
これらの食べ物を食べて、乳酸菌を摂取することで食べても太らないカラダに近づくことができるということですから、どんどん食べていきましょう。
以前の記事で、ヨーグルトの乳酸菌を生き生きとさせる謎の調理法を紹介しています。成長ホルモンを増加させることにもつながりますので、みて頂けたらと思います。
2.EPAを多く摂る
EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略。青魚に大量に含有されていて、EPAを多く摂ると痩せるホルモンが大量に出されることが、研究で証明されているそうです。
次がEPAを大量に含有する青魚です。
EPAが大量に含有されている青魚
* 
サバ
* 
イワシ
* 
アジ
* 
サンマ
とくに「サバ」はEPAが大量に含まれていて、食べれば痩せるホルモンの分泌量が大量になりやすいため、食べても太らないカラダ作りにピッタリの青魚です。
ちなみに、山形県村山地区ではサバの水煮を良く食べる習慣があり、とくにサバの水煮を食べる方のほとんどが血液中のGLP-1が多くてやせているんだそうです。
よってサバ缶などでサバを食べる習慣を身につけるのもダイエットに役立つわけです。
サバを食べると、食べても太らないカラダに近づいていくことでしょう。
ちなみに青魚を刺身として生で食べると、より多くのEPAをカラダに取り入れることができます。
3.サプリをとる
先程のEPAを摂るには青魚が良いとご紹介したものの、青魚がニガテな方もいるかと思います。
そんな方はEPAを簡単に摂れるサプリメントを手に入れてしまえば大丈夫です。
ドラックストアに行けば簡単に手に入れられますしサプリメントなので、毎日決められた量を薬のように飲むだけですから簡単ですよね。
また、サバ缶ってキツイと思います笑
サバ缶を食べない日を作ってサプリメントを飲むと良いでしょう。
食べても太らないカラダのために、サプリメントを摂るのは立派な自己投資です。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
アプリなら、「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」も簡単にとることができます。
4.甘い物やアルコールを控える
腸内にいる「カンジダ菌」という菌は聞いたことがらありますか。
カンジダ菌は普通ならば何も悪さをしないのですが、大量になると慢性的な下痢や便秘や腸炎を引き起こす恐れを持つ菌なんです。
もし腸炎などになると、痩せるホルモンの分泌量が減少して太りやすいカラダになりやすくなります。
カンジダ菌が増える原因として挙げられるのが、砂糖やアルコールの過剰摂取です。
その理由は、カンジダ菌は砂糖やアルコールが大好物だからなんです。
また、無理な食事量の減量をしてダイエットを繰り返すのもカンジダ菌が増加するといわれています。
腸内の環境を整えて食べても太らないカラダになるためには、甘い物やアルコールを控えめにするという守りの習慣も大事です。
無理な食事量の減量をしないことも1つの方法です。
ちなみにカンジダ菌は胃腸だけではなく、皮膚や中枢神経などカラダの至るところに存在しています。
 ▶目次にもどる
 ▶目次4食べても太らないからと安心したらいけない
ご紹介した方法を実践していただければ、効果は出る内容です。
体内の痩せるホルモンの量はだんだん増えていくので、次第に食べても太らないカラダに近づいていきます。
でも、食べても太らないからと安心しないはできません。
いくら食べても太らないといっても、やはり食べ過ぎを繰り返してしたら太ります。
テレビに登場するスリムで大食いの方は、私たちのカラダと構造が違うのです。
ですので、「ゆっくり食事をする」ことをおススメします。
ゆっくり食事をすれば、満腹中枢がしっかり働きます。
そうすると、そんなにたくさん食べていなくてもお腹がいっぱいになります。
さらに、痩せるホルモンのおかげで食べても太らない状態になっていて、体に脂肪が蓄積しにくくスリムな体系を保てるんですよ。
次の記事で、食べ過ぎた時の対処法を紹介しているのでぜひこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です