おすすめ簡単ダイエットはエクササイズより健康に痩せる効果がある?

[ad#co-1]
mr. Bです。
今日は日常をダイエットに変えてしまうダイエット法をご紹介します。
それの一つが普段の移動手段を自転車に変えるというものです。
自転車を1時間漕いだときの大体の消費カロリーは、実は1時間のジョギングやウォーキングで消費できるカロリーと大差がないとも言われています。
その消費カロリーは400キロカロリーほどとされており、食べ物で表すとドリアや焼きそば、ポテトグラタン、ハンバーガーに匹敵するほどです。
つまり、1日の中で1時間の自転車を漕ぐ時間を作れば、上の食べ物分のカロリーが身体から勝手に消費されているのです。
さて、ここまで読んでみて、
自転車ダイエットは運動が得意だから向いてると思われたら、注意事項があります。
それは、1日20分以上のバイク漕ぎをしないと効果が出ないので、自転車を漕ぐ時間を小刻みにしにくい点です。
どうしても、まとまった時間を普段の生活の中で見つけないといけないのです。
自転車で1時間で行ける場所に会社や学校があれば、自転車ダイエットはかなり味方になってくれますが、そうでない方はどうしたらいいのか?
そう考えるのが自然だと思います。
ここでポイントになるのは、
生活の中でまとまった時間が取りにくいことですね。
ではまとまった時間が必要になるダイエットはどういうものがあるでしょうか。
筋トレ、ヨガ、水泳、サイクリングなどでしょうか。
これらを継続して行うことが難しいことで、あなたは悩んでいるとしましょう。
すると、それらとは反対で小刻みの時間で出来るダイエットが候補に挙がってくると思います。
[ad#co-1]
例えば、ストレッチ、サプリメントを飲む、食事の摂取カロリーを減らすなど、日々の生活の中で工夫をしてダイエットをする方法です。
一見、自転車ダイエットは日々の生活の中で工夫をして出来るようにも思えるダイエット方法ですが、日常の中で行うには、20分以上で1日1時間の自転車を漕ぐ時間がないと出来ない点で、自転車で1時間ほど漕いで行ける距離に会社や学校があるなどの制約があります。
ヨガや筋トレも同様にジムに通う必要があったり、はじめのとっかかりとしては、腰が重いかもしれません。
反対に、食事量を減らすダイエットやサプリメントを飲むダイエット方法は、日々の生活で必ずする行動の延長にありますから、日々の時間に別枠で新たに時間を作る必要がないんですね。
ですから、現代の忙しい時間を生きているあなたには、ぜひ日々の生活の改善からダイエットに取り組めるものを多くご紹介しています。
筋トレの効用についてもご紹介していますが、まずは日々の生活からダイエットに取り組んでいく方が続けやすいと思います。
そして、中でも水ダイエットは優れています。
理由としては
必ず水は毎日飲んでいること
飲み過ぎても身体から排出されてデトックス効果があること
食事の時の延長で行えるので、1日に3回前後は水ダイエットに取り組む機会があること
自転車や筋トレやヨガと違って別枠の時間を取る必要がないこと、など
取り組むのは日々の生活の延長で可能です。
毎日の食事で飲んでいる水の量を増やすだけで水ダイエットは行えます。
そして、それらの改善がめんどくさかったり、運動が好きだったり、時間に余裕があったりした時に、ライザップに通って早く結果を出したりする必要があると思います。
まずは日々の飲む水の質と量を変えて、ダイエットの第一歩を歩んでみるのをオススメします。
[ad#co-1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です