世の中の金持ちは皆、オーナーor投資家という現実を受け入れて!

前置き

実は最近、世界的経済誌「Forbes」が、今年2018年のThe World’s Billionaires 2018(世界長者番付2018)を発表したんです。

記事のタイトルは

「Meet The Members Of The Three-Comma Club(スリー・カンマ・クラブのメンバーを見る)」

つまり、カンマ一つでも凄いのに3つのカンマが付いてるヤツラのランキングだよ!

ってことです。

じゃあ、カンマ三つっていくらだよ!

って突っ込まれそうなので、話すと

1000億円になります!

そう、ビリオネアの方々という意味です。

カンマが三つ付く、世界のビリオネアな特別な人たちのランキング

ということです。

もしアマゾン株式を持っていたら…あなたの資産はどうなっていたか?

今年の顔ぶれを眺めていたら、

トップにはアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏が名を連ねていましたね。

誰だよって突っ込まれた方もいるとは、思うので

アマゾンのオーナーさんと表現しますね。

で、このアマゾンの株式、

ここ数年で3~4倍にまで上がっていたのをご存知でしょうか?

ベゾスさんは、オーナーさんなので、もちろん多くのアマゾン株を保有しています。

その結果、なんと現在の保有資産は1,600億ドル(約18兆円)。

今年1年で785億ドルも資産が増えたそうです。

さらに、ベゾスさんの両親は息子が設立したアマゾン株に、1995年に24万5,573ドル(約3,000万円)を投資しており、1,660万株を取得していました。

今では300億ドルの資産があると言われています。

つまり、2018年までのリターンなんと12,000,000%!

もう、ドラゴンボールの戦闘力じゃないんだから!汗

とベゾス氏に対して、世界の貧乏人からは「儲けすぎだ!」との批判が高まっているそう。。

ベゾスさんはアマゾンで働く労働者たちの最低賃金を引き上げて労働者の雇用条件を整える努力をしたり

ホームレス支援ファンドを立ち上げるなど、社会貢献活動を始めているそう。

お金はオーナーor投資家生活をしているひとが好き

で、ここで気付いて欲しいんですが、

ベゾスさんは自分で儲けることが出来ても

従業員だと、ベゾスさんの鶴の一声次第頼み

ということ。さらに株式投資をしているひとが儲かっている事実。

どう転んでも従業員としての労働では、ベゾスさんや、両親ほど稼げないですよね。

じゃあ、従業員がアマゾンの株式を持っていたら?

給料の一部でアマゾン株式を買っていたら?

資産は膨大に膨れ上がって、給料を凌ぐ額を毎年手にしていたかもしれません。

このように、世の大金持ちは全員起業家(ビジネスオーナー)か、株を買う投資家であることが分かります。

ロバート・キヨサキ氏は自身の著書「金持ち父さんのキャッシュフロー•クワドラント:経済的自由があなたのものになる」において、金持ちになりたければキャッシュフロー・クワドラントのE・S・B・Iの4分割に区切った図の、BI(ビジネスオーナー、投資家)になれと言い切っています。

株式投資と会社オーナーどっちがいいの?

つまり、労働収入ではなく、権利収入を得ろと言っています。

労働者である限り、馬車馬のように働き続けないと収入が途絶えるので、ラットレースと変わらないという話です。

逆に権利収入なら何もしなくても勝手にお金が入ります。

その、手段のひとつが株式投資ということです。

しかも、ゼロの状態から権利収入を得るのって、

お店の土地を用意したり、従業員雇ったり、会社を設立しないといけなかったり、集客したり、、etc

多大な労力がかかります。しかも、それで儲かるとも限りません。

しかし、株式投資は、証券会社の口座開設のみでスタートできるんですね。

つまり、コスパ最強のお金に働いてもらう方法こそが、株式投資なのですね。

手始めにまずは株を買ってあなたもBI側に飛び込みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする