Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/camusxyz1202/inote.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

日本は賃金以上に光熱費の物価がここ数年で上がってるって本当?

前置き

突然ですが、あなたは

光熱費がここ数年でバカ上がっているということをご存知でしょうか?

実は、賃金の上昇率以上に光熱費が上がってしまっているという衝撃事実。

ちょっとデータが古くて申し訳ないのですが、

光熱費は、2008年から2015年で全国的に上がっていて、11.2%上昇しているというデータがあります。

そんな中で東京は13.7%も上昇しています。

その反面、物価に対しての賃金の目安である、実質賃金はというと、全国で、2008年の賃金平均29.9万円/月にたいして2015年は30.4万円/月。

東京は、2008年に35.8万円だった実質賃金は、2015年には37.5万円になっていて、実質賃金が約5%増えました。

つまり、東京は豊かになっているかも知れないけども、全国で見れば、2008年から2015年まで実質賃金でみる豊かさはほとんど変わっていないという話。

アベノミクスも始まっている期間が含まれているにも関わらず、この結果。

ここ数年は横ばいであるということができますね。

賃金が減らされたら、大暴れするのに光熱費ならまあいっかってなる心理学的な理由とは?

これってヤバいと思うんですよね。

ヤバいのに見過ごされてる。

だって、旅費などの使わないでいられる費用ならともかく、

絶対にかかる光熱費がこれだけ上昇しているのですから。

給料があるとして、必要経費が増えてるんですから、使えるお金が減ってますよね?

これが例えば、

「会社の業績がよくないから給料下げるね」

と言われて、直接的にあなたの給料が下げられたら、大問題にしませんか?

ちゃんと業績が悪くなった理由教えろこのヤロー!

って労働組合で活動するかもしれないのに、なあなあで済ましてしまう。

有名な心理学の理論にプロスペクト理論と言うものがあります。

例えば、50%で50万円、50%で0万円か、100%で10万円を貰えるなら、あなたはどちらを選びますか?

実はほとんどの人が、100%で10万円を貰う方を選ぶということが研究で、わかっています。

逆に50%で50万円、50%で0万円の支払いをするか、100%で10万円を支払うなら、

ほとんどの人が、前者を選びます。

利益は確実に欲しいし、損はリスクがあっても回避したいのが人間心理です。

したがって、賃金が下がることは損だから、なんとしても回避したいので、会社と戦うリスクを背負ってでも行動するし

逆に、確実に賃金が増えてるなら、そっちに目がいってしまう。

物価を考慮しない賃金自体は上がっていたりするので、ニュースでも賃金上昇って報道されてたりしますよね。

するとそれで、光熱費の上昇がうやむやに

「まっいっか。」

で終わってしまう。こうやってしらずしらず、円の価値を下げられているのですが、

表立って、今まで1000円で使えた紙幣は900円にします!

ってしないので、損を感じにくく問題になりにくいんです。

じゃあ、どうしたらいいの?解決策はある

まず紙幣の価値が減るのは、円ですよね。

ということは、円以外の通貨にしてしまえばいいのです。

じゃあ、支払いは外貨で支払えって言うんか?

俺は日本に住んでるから、円でしか支払い出来んわ!

って言われそうなので、先に結論から言うと

日本株と米国株への2刀流投資で、円のまま目減りを抑えつつ、米国株で資産を増やしにいく

です。

まず、あなたが投資をするときには、

GDPを追っかけるようにして株式時価総額が増える傾向がある

これを知っておく必要があります。

ちなみに株式時価総額=株価×発行済み株式数です。

メカニズムは単純でして、

経済成長が期待されるから、株価が上がるし株式も発行されるからです。

じゃあ、日本ってGDPが成長してるかというと、これからも成長は厳しい。

なぜかというと、人口が減少しているからです。

ひとが減るということは、食べたり飲んだりの消費も減るということです。

つまり、ひとが減れば使われるお金も減るので、経済規模も小さくなります。

しかも今年は、天災の影響もあってマイナス成長も記録してしまいました。

対照的に、アメリカはGDPも年平均で2%以上は成長しています。

そして、これからもまだ米国金利は上がる見通しです。

金利を上げないと景気が良くやり過ぎてしまうからですね。この辺の仕組みはまた説明していきます。

したがって、米国の場合は、預金するだけでも日本よりマシです。

つまり、日本株式への投資で月末に増えた資金で光熱費を支払い、米国株式で長期的に資金を増やせます。

けどじゃあ、米国株式って言っても、どんな株式に投資したらいいのって方が多いはず。

米国株式の選び方についても記事にしてますので、読んでみてくださいね。

あとがき

以上です。日本のヤバい現状を知っていただけましたでしょうか。

まだまだ、他にもヤバい現状があるんで氷山の一角なんですが、これを知って証券口座開設だけでも始めたら、一歩前進しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする