どうも、現役証券マンのジョーです。

 

前置き

皆さん、銀行に預金している金利に不満はありますか?

 

絶対にありますよね。だって、普通預金で0.001%、定期預金で0.01%ですから。

たまーに、期間限定で3か月だけ1%とかが関の山でしょうか。

 

これ、例えば100万円を預けたって、

100万円×0.001%=10円、100万×0.01%=100円にしかならないっていうことですよね。

 

とんでもなく、損をしていませんか?

 

だって、来年は消費税も増税予定なんですよ?

 

しかも、予定では2%!!!

 

100万円使ったら2万円が吹っ飛ぶようになります。

 

じゃあ逆に、2万円を0.01%の定期預金で1年で作ろうとしたら、いくら必要だと思いますか??

 

 

答えはなんと、2億円です。笑

今の金利で2万円を作るってとんでもなく大変なことなんです。

 

預金のバカらしさをわかっていただけたでしょうか。

 

 

もちろん、病気をしてしまったり、不慮の事故をしてしまったり等の不意に必要になる資金ってありますので、それは絶対に普通預金や定期預金に預けておくべきです。

 

 

ですが、使う資金以外は少しでも運用に回さないと、国にどんどんお金を搾り取られていきます。

 

 

せっかく汗水たらして稼いだ資金が国の税金に消えていったり、証券会社の手数料稼ぎだけに消えていったら悲しいですね。

 

なので、我々投資家は自衛していく必要があるのです!

定期預金の380倍の利回りが期待できる錬金術があるって本当?

 

さて、今日は少しだけ自衛手段を無料で公開してしまいます。

 

その自衛手段とは、銀行に投資してしまうということです。

 

ハア?銀行に投資するだけでそんなに利回り変わるんなら苦労しないわって思いますか?

 

実際に、利回りは天と地ほど変わってきます。

 

 

例えば、三菱ufjフィナンシャルグループの株式の配当利回りは、なんと3.82%です。

つまり、単純に言ってしまえば1年間、100万円を投資したら38200円も増える算段です。

これを定期預金に預けていたら、100円にしかならないにも関わらずですよ?

ちなみに配当利回りの計算式は

 

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金額÷1株購入価額×100

で、求められますので、未来永劫ずっと、3.82%ということは言えません。

 

だって、会社が配当金の支払い金額を変えることもありますからね。

 

 

しかし、三菱フィナンシャル・グループを代表とする銀行株式は、配当金はずっと多く支払われています。

 

つまり、多少のブレはあったとしてもこれからも3%以上の配当利回りを期待できます。

 

けどよー、株式って定期預金みたいに金額がずっと一定じゃないじゃん?むしろ、損することだってあるだろ?

配当金よりも、株価での下落率が大きかったら、定期預金に預けていたほうがよっぽどましじゃね?

 

って思った方もいるかもしれませんね。

 

そんな方のために、銀行株への投資ポイントを3つまとめました。しれっとイってみましょ!

メガバンク株に投資をする3つのメリット

株価が上がっては下がってを繰り返している

実は、銀行株式は、値段が上がっては下がってを繰り返していたりします。

例えば、三菱ufjフィナンシャルグループなら、2014年の3月ごろに530円あたりを記録した後に、2015年の4月ごろに900円を超えました。

それからは、2016年の6月ごろに500円を下回り、2017年の年初あたりに700円を記録しています。

 

めっちゃジェットコースターみたいに、値動きしてんじゃねーかよと思ったかもしれないですが、ここで注目すべきは

 

結局、下がっても値段が戻っていることです。

 

この、特徴は銀行株の多くが持っていたりします。

 

これが、一つ目の投資ポイントですね。

 

昨今ではマイナス金利の影響で銀行を取り巻くマーケット環境が悪い

 

これは、日本の銀行株全般に言えることですが

 

マイナス金利で銀行は、収益を上げにくくなっています。

 

おい、そんな株式薦めんなヨって思われた方は、まだ続きがありまして。

 

ようは、今よりもマーケット環境が悪くなりにくいともいえるのです。

こんな悪い環境で、堅調な株価推移をしているのであれば、十分に強い株式です。

 

AI導入と、フィンテックの発展によって将来的には、収益も改善する見通し

 

最近では、銀行をはじめ、AIの台頭によって会社の在り方が変わろうとしています。

 

例えば、銀行業務だってAIが代わりにやることができるようになるだろうし、キャッシュレス社会に対応して、仮想通貨なり導入されるかもしれませんよね。

 

そうなれば、いまよりも銀行を使用する人だって増えるでしょう。

 

つまり、メガバンク株式の将来は悲観するものでもないです。

 

しかし、地銀は怖いです。なぜなら、日本はどんどんお年寄りも死んでいくし、子供も生まれないから、稼げなくなる。

 

そうなったら、海外で稼いでいく必要があるので、グローバルに稼げるメガバンクがお勧めなのです。

 

 

 

あとがき

 

以上です。使わない資金があれば、配当金狙いで投資家生活を始めてみるだけでも、いいですよ。

 

配当金狙いの投資だけでは不安だし…

 

株式の売り時とか買い時がわからないし…

 

なんて、人はまずこちらの記事を読んでみてください。

 

http://inote.jp/2018/11/24/post-900/

 

では、よい投資家ライフを~

 

 

 

 

 

 

投稿者について

ライフバリューエンハンサー@現役証券マンのジョーです。
現在は、某証券会社でベテラン社員の後任を任されて、数十億円の資産を託していただいている証券マンです。
このブログでは、LIFE(人生)のVALUE(価値)をエンハンス(向上させる)ことを生業としています。
私が、この取り組みを始めたのは給料が900万円以上は幸福度が上がらないという研究結果を知ったからです。
そこで、自分の幸福度もどこかで頭打ちになるなら今のうちに味わえる幸福度を高めたいと思ったのです。
実際に私自身が働く時間が長く、人生の楽しみって何だろうと思ったこともあります。
働く時間が長いなら、楽しみもより大きくしたい!そう思ってから私は、様々な楽しい体験をするようにしました。
今後、働き方改革によって余暇の時間の充実度はますます重要になるでしょう。
このブログでは、私の経験をもとに楽しい経験を味わえる機会、人材としての価値を高められる機会を紹介します。
あなたの人生で味わえる幸福度を爆発的に高めるブログです。
具体的には
・今すぐにできる楽しい経験を提供する
・将来さらに余暇を増やせるように時間対収入の良い稼ぎを増やす
・余剰時間でさらに人生で味わえる楽しい経験を増やす
人生で味わえる幸福度を上げられる情報を発信しています。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です