Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/camusxyz1202/inote.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

株式投資で3万損するか、その3万で投資方法を学ぶかどっちがいい?

どうも、現役証券マンのジョーです!

前置き

FOMCが、利上げを発表したせいで米国株も日本株も冷え切っていますね。

景気減速の元凶になりえる利上げと、その他大勢の投資家が考えてくれているおかげで、

いい株式がめっちゃ安く買えるウマー

って、状況が来てくれてるので、いいんですけどね。

その他大勢の考えることと一緒なら、結果も同じになってしまうものです。

こんな偉そうなこと言っていますが、僕も元々は、人とおんなじ考え方をするほうでした。

そんな僕でも、いろいろな本を読んだり、証券会社で働いているうちに、こういう場面がチャンスであることが分かるようになりました。

だって、価値の高い株式がめっちゃ安くなっているんですよ?

そして、利益が出る時には、今よりまだ下がる局面が株式を買った後に多少は続いたとしても、今の株価を越えているはず。

今の株価より高くなっていないと利益が出ないですからね。

将来的に儲かる要素がわかってて株式投資をしないと、どうなる?

つまり、将来的に利益が出る局面を迎えられる兆しのある株式なら、一番の底で買わなくたって十分なはずです。

利益が出ている将来から、今の状況を見たら十分に安いんです。

大事なことはこの下落局面で、アナタの買う株式が

将来的に利益が出る株式かどうか。

この、将来的にというのがミソでして。

その、儲かる将来に至るまでには、笑いあり涙ありの、投資ストーリーが待っています。

そう、投資してから、一度もマイナスを経験しないで最後の笑いの部分だけをもらうなんてできないのです。

ようは、投資のポイントがわかっていないと、涙の部分で売って損をしてしまう可能性があります。

どんなにいい株式だと誰かから聞いていても、本当の意味で分かっていなかったら、今回のような弱い相場が

続くときに、手放してしまう時がくるはず。

そして、それがいいことか、悪いことかもわからないので、

売った後もチャートが気になってしまいます。

そうすると、せっかくそのまま持っておけば迎えていた笑いのときを迎えずして、涙を流して終わってしまうのです。

例えば、あなたが40万円で株式を買ったとします。

その株式が、10%下落したら、マイナス4万円です。

で、それから上がっていけば2万円、4万円、10万円とどんどんと資産が膨れ上がっていくかもしれないし、マイナス8万16万とどんどん損していくかもしれない。

ようは、投資している株式がいいかどうか本当の意味で分からなければ、その株式を持っておいたほうがいいのかもわからないのです。

しかも、機関投資家は、個人投資家の買いを誘って、売り抜けてきたりします。対戦相手はプロ中のプロです。

そんな相手に対して、投資理論などの武装なしに挑むのは

マシンガンを持っているひとに素手で挑むようなもの。

一瞬で損をします。きっと耐え切れず、損を確定させてしまったり、損が許せず持ち続けてしまい、手の施しようがないほど損をしてしまったり。

つまり、われわれ一般投資家が儲けるためには、自ら武装し得ていかないといけないのです。

無意味に4万円の損を出す前に、その4万円で何ができるか?

こうやって書くと、

投資手法を学んだってそれで儲かるかわからんし、なら4万円で超高級寿司を食べたほうがいいやん?

などと考える人もいるかもしれませんね。笑

しかし、それでお金が増える可能性を得ることは出来ませんね。

では、4万円を損する前に、投資理論を学んでいたら結果はどうなるでしょうか?

4万円の損を出す前に、4万円で投資論を学んだら、これからの投資人生で一生使える知識を用いて投資していくことができます。

損金出しても、税金の還付くらいにしか使えませんが

投資知識は、一度学んでしまえば、一生活用できます。

そして、4万の損をしてしまい、投資理論を学べなかった人はまた、同じことを繰り返して損を出しやすいですよね。

逆に、4万の損失を見越して先に、投資理論を学んでしまえば、その後も同じことを繰り返しにくくなるはず。

なので、このブログで紹介している、投資方法を学んでいってほしいのです。

伝説の超S級厳選教材を公開中…?

以上です。バーゲンセールだとみんなこぞって商品を買いあさるのに、株式になったとたん、買わなくなります。

あなたが、下落局面こそチャンスととらえらえる投資ができるように、厳選した教材を紹介しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする