Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/camusxyz1202/inote.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

株価6倍ケーススタディー【Albert】

どうも、現役証券マンのジョーです。

前置き

さて、今日は半年で株価6倍にまで膨れ上がったAlbertについてケーススタディしようと思います。

そもそも、Albertって何の会社って感じでしょうかね?

ジョーも初めは全く聞いたことがなかった会社でしたが

株価はなんと今年の5月ごろに2500円ほどだったのに

一番高い時で15000円を超えるような銘柄に成長しました。

つまり、半年ほどで株価6倍以上!!!

仮に100万を投資していたら600万円になっていたというから驚きですね。

さて、ではなぜAlbertがここまで成長できたかを見ていきましょう。

サービス内容が働き方改革に役立つ内容であること

まずこれ。

日本はG7の中で労働生産性は第何位だと思いますか?

実は万年最下位です。笑

そう、それってつまり、美女と余暇をめっちゃ楽しんでいるイタリアやフランスとかにも負けているっていう話です。

これ、めっちゃ人生を存している感じですよね。汗

よく聞く話かもしれませんが、日本には根性主義で長時間無駄に働くことを美徳としている文化があるので、残念ながら労働生産性はめっちゃ低いのが実情です。

これは、国としてもどげんかせんといかん!!

ということで、どうしても働き方改革は必要になってきます!

しかし、日本って少子化が進んでおりまして、働き手は減る一方です。

つまり、労働人口を増やして国全体の生産性を上げるには限界がありますね。

そこで、一人当たりの業務効率をあげていくことがどうしても必要になってくるのです。

Albertはディープラーニング等の人工知能を(AI)を活用したデータソリューション事業を展開しており、近年では自動運転技術開発や、スマートファクトリー等の領域において顧客の課題解決を実現。

さらに、大手メーカー、自治体など幅広い業界にも実際に導入されるほど、実績が認められてきています。

このことからAlbertは、ビックデータを活用したAIによって、日本の労働生産性を改善することに貢献するサービスを実際に提供できる会社だと期待されているので、株価が上がったわけです。

KDDIとAIチャットボット活用分野で協業している

株式会社AlbertはKDDIと人工知能を用いたチャットボット分野で協業をして

「Protective AI with KDDI」を提供。

2018年8月6日よりKDDIにて、実際に販売を開始してます。

この、実際に販売しているということが、まず実際に働き方改革を推進できる会社と判断できる理由の一つ。

さらに、KDDIと提供したことで、KDDIのチャットツールを活用してサービス展開ができます。

KDDIは、通信キャリアとして信頼性の高いITソリューションを法人向けに展開しており、KDDIのITソリューションを活用する企業に「LINE WORKS」をはじめ、複数のチャットツールを展開しているからです。

このことで、高機能チャットボットに、お客様からくる質問や、経費精算についての問い合わせにもAIにチャットルームで答えさせることもできるようになります。

これって、とんでもなく労働生産性が上がります。

というのも、社員からの経費申請方法や社内ツールの使い方などの質問を受けるサポート業務は日々膨大な対応コストがかかっているのが実情だからです。

これをAIが代わりにやってくれるだけでも、とんでもなく生産性が上がるというわけです。

さらに、KDDIと提携したことで、大規模法人への利用促進を進めることもしやすくなりました。

これから世の中にどんどん普及していくと期待されているので、株価も上がったのですね。

実際にAIが販売されていて企業などに導入実績もある

すでに書いてしまったのですが、これめっちゃ大事だと思うので、3番目としてもう一回書いてしまいました。笑

いいサービスを提供していても、実際に実現するって思えるかどうかが、何より大事です。

たとえば、仮想通貨だって理念は素晴らしかったりしますが

本当に実現するかはまだ分からなかったりするものです。

ですが、Albertは実際に未来的なサービスを形にして、実際に企業に提供しています。

リアルに、AlbertによってAIが身近浸透してくることが、予想できますよね。

そう、この実現性の高さが株価へ期待となって反映されているともいえるのです。

あとがき

以上です。Albertのように、半年で株価6倍なんて銘柄はめったにないですが、まだまだお宝はたくさん眠っています。

自分で儲けられる銘柄を見つけられるようになれれば、いくらだって、儲けることができます。大学時代、投資元本を溶かしたジョーですら、Albertのような銘柄を探せるようになれたのですから、あなたにだってできます。

ジョーが太鼓判を押す、本当に儲けることができる超S級厳選教材がこちらです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする