Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/camusxyz1202/inote.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

証券会社に勤めてわかった儲かる人の特徴

どうも、現役証券マンのジョーです!

証券会社で儲かる人の特徴って?

さて、今日は儲かる人って実際どんな人なのか、

というのを暴露しちゃいますので、覚悟して読んでください。

ジョーが証券会社に勤めてきて、お客様を担当させてもらったことで、胸を張ってわかったことがありまして、それが、

損をする人と儲かる人の特徴ということです。

で、今回は儲かる人の特徴です!早速イッてみましょう~!

営業をかけてもすぐに返事をしない

儲けるひとは芯が通っているという特徴があったりします。

例えば、営業をかけるとその話をひとまず聞き入れた上で、数日考えてから答えを出す感じです。

例えば、日産自動車がいいと思うので、この下落タイミングで買ってみませんか?と話すと、

それ、実はね、僕もそう思っていたのよ!というので、

何株くらい買っていきますか?って話をすすめると、

いや、検討して買う場合はこっちから電話するよ。と妙に慎重だったり。

ようは、自分で考えられるだけの経験や知識があるわけです。

つまりこっちが話した内容を、吟味することができる知識や経験を持っている人は儲かっています。

逆に言うとそれができない人は儲かりにくいです。

証券会社は、日々の手数料稼ぎのためにタイミングを無視して、営業せざるを得ないという特徴があるからですね。

いつもは電話をしても出ないのに、相場が下落した時だけ電話が来て株式を買ってくる

いつも、電話をしても全くでないお客様というのがいまして。本当に生きているのかすらわからないくらいだったりするんですが、下落したりすると突然、電話がかかってきます。

○○って株式で1000株、買いを入れておいて、よろしく。

みたいな感じです。で、そのあとは上がったりして、ちゃんと儲けていきます。

おお、さすがだなーと思う瞬間です。

高配当銘柄を選んで長期間投資をしている

これは、絶対ではないんですけど、配当金狙いで投資をしている人に儲かっている人も多い気がします。

もともと下落することを視野に入れて、3年とかのスパンで投資をしていく度量がある人は、ちゃんと先々を見据えて投資しているので、もうかっている人が多いです。

そう、気づいた方もいるかもしれませんが、

配当金が出るから儲かっているのではなくて、

3年先を見て投資ができるから儲かっているのです。

ようは、伸びるかどうかをちゃんと見据えられる知識や経験があるか儲かっているという当たり前の話です。

じゃあ、結局のところどんな人がもうかっているの?

これらの特徴から浮かび上がってくることって、

知識や経験があることだったりするわけです。

当たり前やないかーと思われた方もいるかもしれません笑

ですが、結構多くの方が自分を過信して損をしています。

ほんとに聞いたことのない銘柄をずーーーっと買い増し続けてずっと損を膨らましている人とかいます。

いつかは株だから上がるって思っているのかもしれませんが。

労働生産性がG7の中で最下位で、少子高齢化も進んでいる日本で、右肩上がりの業績を出すってどれだけ難しいことだと思いますか?

めっちゃ難しいですよ?いきなりステーキだって今年は減益だったんですよ?

なのに、自分が買う銘柄だけは絶対にいつか上がるなんてそんな虫のいい話あり得ません。

もし、投資をして儲けたいなら、儲けている人から知識や経験を盗む必要があります。

あとがき

以上です。ビギナーズラックがあるギャンブルの世界と違って、株式は株価があがる明確な材料が見えていないと、なかなか儲けるのが難しいです。

勉強もせずに投資をしようものなら、損をして高い授業料を払い、たくさんの時間をかけて投資を知っていくことになります。

先に損をする前に、儲けている人の知識や経験に投資してしまうのが、賢い選択です。

損をする前に、儲けている人の知識や経験に投資すればたくさんの時間も節約できます。

このブログから知識や経験を盗んでいってくださいね。

では、よい投資家ライフを~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする