株価8倍ケーススタディ【ペッパーフードサービス】は今、買い時?

どうも、現役証券マンのジョーです!

前置き

今日はですね、ジョーも大好き♪、いきなりステーキをも包括している

ペッパーフードサービス

について、

現役証券マンの視点から、本音を語っちゃいますね。

めっちゃどうでもいい話ですが、ジョーはいきなりステーキに月2回は通ってます。

通わないと禁断症状出るくらいに食べたい時期とかは、月4回行ってました。

めっちゃどうでもいいですね。笑

ペッパーフードサービスの株価をざっとおさらい

ちなみに、このペッパーフードサービス。

なんとなんと、株価を2017年初旬の1000円から、2017年の下旬に8000円まで伸ばした実績を誇っております。

また、ちゃっかりと2018年の9月27日に米国のナスダック株式市場に上場もしてます。米預託証券(ADR)の上場としてですけどね。

そして現在、この日本企業でADRを上場しているのはトヨタなど12社のみでして、

外食産業としては日本企業初のナスダック上場!

パチパチパチって感じですね。

さらに、米国に立ち食いステーキ専門店「いきなり!ステーキ」を10店舗展開して、ナスダック上場を機に海外事業の拡大に向けて知名度の向上を狙って活動もしています。

現在は2900円を下回る状態で、全盛期の勢いがちょっとなくなってる感じですけどね。

じゃあ、なんで2017年は大きく伸びたのさ?

って気になる方がいらっしゃると思いますので、ポイントをまとめてみました。

それでは、イッてみましょ〜!

ペッパーフードサービスが伸びた理由だとジョーが思うこと

2017年8月にペッパーフードサービスが2倍超の増益を叩きだしたから

その前に、ペッパーフードサービスっていつ何の市場に上場したか知ってますか?

答えは、2006年9月21日に東証マザーズに上場です。

ペッパーランチは割と昔からありましたので、結構前から上場しているんですね。

しかし、2007年5月17日にペッパーランチ心斎橋店で不祥事があり、ストップ安を記録。

しかも2010月22日 に 第三者割当増資を行ったにもかかわらず、投資事業有限責任組合から払い込みがなされず失権。

その後、継続企業の前提に関する事項の注記が書かれてしまう事態に。

そして、やっとのことで、2012年2月13日 – 2011年12月期決算で最終損益が黒字に転換。継続企業の前提に関する事項の注記は解消されました。

そんな状態から、月日が経ちまして2013年の12月5日にいきなりステーキ銀座店がオープン。

それから月日が経ち、2017年に爆上げしたという遍歴です。

だいぶ話が脱線し過ぎました。笑

じゃあ、なんで爆上げしたかというと

もちろん、2017年8月にペッパーフードサービスが2倍超の増益を叩きだした

からです。そして、察しのいい方は気づいているかもしれませんが、

いきなりステーキが業績を急成長させたのが、大きな要因になりました。

じゃあ、なんでいきなりステーキが急に人気になったの?

って話ですけど、ジョーも最低でも月2で通ってるし人気だよね、としか言えない。笑

強いて言うなら、みんながいきなりステーキの魅力に気づいたから人気になった

というだけです。

新しいものが急に出来たわけでもない。

ちゃんと評価されただけのことです。

JASDAQから東証2部、そして東証1部へと格上げされたから

格上げって表現が適切じゃないかもしれませんが、

JASDAQから東証2部に変更されるときも、東証2部から東証1部に変更されるときも、

まだまだこんなもんじゃないだろって感じさせる何かがあったんだ、と

ジョーは思います。

だから、どんどんステージを変えていった。

きっとその根底には、

いきなりステーキってよく聞くよね!

とか

一度行ったんだけど、めっちゃ美味しかったんだよね!

とか

また、新しく店舗を拡大したらしいね!

とか

いきなりステーキの景気の良さを感じる、実体験が、多くの人にあったんだと思います。

で、投資が行われて株価が伸びた。

というのが、株価が伸びた材料じゃなかろうかと、

ジョーは思うのです。

任天堂も株価が爆上げ前、ニンテンドー3DSが高騰してたって本当?

実は、あの任天堂が爆上げする前にも、ニンテンドー3DSが高騰してました。

なぜ高騰したかというと、転売ヤーが大量に購入して転売するので、価値が上がってしまい、本来の希望小売価格では売れない状態になったからです。

こういった感じで、株価が上がる前にはその株式の商品になんらかのイイ予兆が起きていたりするのです。

ペッパーフードサービスは買い時?

しかしペッパーフードサービスは、買い時かというと何とも言えないです。

何故かというと、いきなりステーキのサービス自体への期待がすでに株価に反映されているからです。

株式は期待で買われ、事実で売られる

とはよく言いますが、実際そうだとジョーも思いますので。

期待で買われて株価が上がったなら、これからまた上がるには、業績拡大が期待できるサービスやら、ニュースが必要だと思います。

あとがき

以上です。いきなりステーキから学べたことは、次の銘柄選びに生かせるはずです。

もし、いい銘柄なんかない?って思っていましたら、お気軽にジョーにお問い合わせくださいませ。

では、良い投資家ライフを〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする