私が株式を買うと株価が下がる!?それ、明確な理由がありますよ!

どうも、現役証券マンのジョーです。

株式投資を行っていると

なんで、俺が買うと下がるんだもう!

私が買うといっつも下がるの〜!

なーんて、局面を体験したりしませんか?

これはインボウよインボウ!

なんて考えてしまったり。

今日は、そんな話とカンケーのある

株式は噂で買って、事実で売ると儲かる

って話について語るとともに、

じゃあ、どうしたら買った株式が上がる体質になれるのか

について、明らかにしました。

そもそも噂で買われて、事実で売るってなに?

この噂で買って事実で売るという言葉。

もともとは、投資で儲けるためのコツを示した格言です。

ちなみに英語では「Buy the rumor、Sell the fact(バイ ザ ルーモア セル ザ ファクト)」とも言ったりします。

くちびるの動きが大事ですよ。

すみません、ウザいですね。笑

ちなみにこの格言、

よく、欧米で使われていたりします。

なんで、こんなことをよく言われているかというと、

業績が上方修正していても、

株価が下がるってことが往々にしてあるから!

なんですね。

業績がいいのに株価が下がるなんて

やっぱり、運ゲーじゃん!

アナリストの小難しい話を信用しようが、しなかろうが、

結果は、サルにダーツ投げさせて銘柄選ぶのと変わんなくね?笑

って思われた方もいますかね。

そんな方も、もうすこしだけ読み進んで頂けたら嬉しいです。

なんで業績いいのに株価下がるのさ?

なぜ業績がいいのに、株価が下がるかギモンですよね。

絶対に相場を操縦してるやつがいるやん

陰謀だよ、インボウ。

って思うかもしれませんが。

株式投資に限らず投資というものは

将来を予想して、買ったり売ったりするものだったりします。

なので、投資において事実が出た時というのは、

「立てた予想の答え合わせ」

になるんです。

ここを間違えてると

「業績が上がれば株価も上がる」

と思ってしまうのですね。

もし、誤解していたとしてもダイジョウブ。

ジョーも大学時代は間違えて理解していました。笑

間違えて理解してた癖に、

業績がいいのに株価が上がらない株式投資なんて、

所詮は運ゲーなんだよ。

って真顔で言ってました。笑

じゃあ、結局、私が株式買うと下がる理由って?

ここから、いよいよ核心に近い話になってきます。

答え合わせとなる、業績発表の決算発表日が近づいてくると、

アナリストがこぞって業績予想します。

その光景たるや、予備校の直前試験対策が、大学過去問から予想問題を作成するかのよう。

ジョーも大学入試直前は、

予想問題を穴が空くほど解いたキオクがありますけど、スッゴク信用して解いてました。

じっさい、穴は開けてないですけど笑

で、このアナリスト予想も、予備校の予想問題と同じく、企業の正式発表ではないので、事実ではないです。

事実ではないですが、

専門家が分析して出すので、

業績予想としては、信頼度は高めの予想材料になります。

なのでこの予想について、投資家が未来を期待したら株価は上がるし、ビミョーだと思えば、株価は下がることになります。

未来が期待されたら株価は上がるので、

期待されることを見越して早めに株式を買っていた投資家は、

安く買った株を高値で早く売り抜けたいと思うことになります。

そんなさなかで、決算が発表されて、事実として業績がいいことが確定します。

業績予想が事実となったので、その時点の業績については、誰もさらに業績が上がるって期待できなくなります。

すでに業績が確定してしまったからですね。

つまり業績が確定した分、上昇余力が少なくなりました。

これ以上株式を持っておくウマミが少なくなります。

…ですから、利益確定売りをしたくなります。

業績が出た当初はまだまだ上がると思うかもしれませんが、次第に

いや、もう利益出てるし、欲をかき過ぎると良くないわよね、売却しよ☆

ってひとがだんだんと出てきたりします。

もちろん噂よりも実際の業績がよければ、買うかもしれないです。

そこは状況次第なんですけどね。

で、あなたが営業に勧められて買った株式は

もしかしたら、業績がいいから買った

とか

最近、日本の経済指標が良くて景気が良さそうだから買った

とか

だったりしませんか?

そうすると、利益確定でだんだんと売られてしまったりするので、

株式を買ってから、下がる期間があったりするわけです。

それで、よく

私が買うとすぐ下がる…

ってことになったりするんですね。

まあ、持ち続けてればいい株式なら上がるんですけどね。

儲けたいなら、下がった段階で上がる材料を見つけて、買ったり、買い増すことが出来るようにならないといけないのです。

次の話は、どうしたら上がる前に株式を買えるの?という話です。

どうしたら、上がる前の株式を買えるようになるの?

もし、あなたが担当営業者の手数料を稼がせて、営業No.1にさせてあげたい

という貢ぎ心をお持ちで担当者と付き合ってるのでない場合は、

絶対に経済指標が良いからとか、業績良いからとかだけで買わない方がいいです。

断言します。もしそのタイミングで買うのだとしたら、

指標が出てから、いつまで利益確定売りが出るだろうか?

と考えて、底値を探ってから仕込む方がいいとジョーなら言います。

つまり、儲けたいなら

その経済指標が出る前に、予想出来るようになりなさい!!

ってことです!!

日本やアメリカや中国の次の経済指標や、次の企業業績が

良くなると、みんなが予想できて実際に良くなるだろうか??

これを、考えて投資しなきゃならんわけです。

これが「噂で買って事実で売る」の真相で、

私が買うと株価が下がるひとつ目の真相だったりします。

つまり、投資とは噂の段階で、

みんながモヤモヤしていても、結局は景気や業績が良くなるだろうと

予想して取ったリスクが、

事実になったときに利益になるゲーム

とも言えますよね。

だから、みんながモタモタしてるときに

こんなにいい兆候があるのに、買えないなんて、メシウマ笑

って予想できるだけの超優秀な観察眼が圧倒的に必要なんです。

で、現代はその観察眼を虫眼鏡でチート出来たりする時代でして。

その虫眼鏡が、例えばワンWEEK副業投資プログラムであったり、他の優秀な情報商材だったりします。

どうもこんにちは! 現役証券マンのジョーです! 今回はですね、 「ワンWEEK副業投資プログラム」 について、いろい...

そのブラッシュアップした観察眼に従って、みんながモタモタしている間に、圧倒的に仕込むことが大事なんですね。

で、その観察眼を虫眼鏡などでブラッシュアップしないと、掴んだ銘柄がガラクタだったりする可能性が高くなります。

儲かってるひとは虫眼鏡を使ってるのに、肉眼で観察していたら、差が出ても仕方ないですよね。

もちろん、虫眼鏡を使ったら100%観察に成功するとも限りませんけど。

優良な情報をどんどん手に入れて、

自分の観察眼をブラッシュアップしていく必要があるわけです。

お宝鑑定団風に言うと、

マーケットプライスの掛け声とともに、100万台まで電子パネルが回転していくと思ってたのに、実際は100円台のパネル回転で止まるみたいな感じでしょうか。汗

それだけでも大ダメージなのに、鑑定団のひとりが、

うーん、これは明らかにニセモノですね。どこで買わされてしまったんですか?

と追い討ちをかけてきて、

〇〇証券の営業担当者にです、とか

いやあーここのこの部分の色に深みがあったので、ホンモノだと思って、強気で購入したんですよ。

とか、話さなきゃいけないなんて

ゼッタイにイヤですよね。笑

じゃあ、噂で買ったら事実で売ればいいってこと?

デメリットは本当にないの?

ジョーが今回、このことわざの真意を明らかにしてしまいます…

噂で買って事実で売るデメリットってあるの?

デメリットはあります。

なぜなら

業績発表の「噂で買って事実で売る」は、

短期的な調整で終わったりするからです。

つまり一時的に下がるからという理由で、将来のテンバガーを、

2倍の利益で手放す可能性

だってあるのです。

アメリカのvisaなんて、2008年ごろなんて株価13ドルでした。

しかし、2018年に150ドルまで伸びてます。

10倍以上株価を伸ばしてますけど、

もし、つどつどで利益確定していたらどうでしょう?

売った後に上がってしまうなんてこともあり得ますよね?

上がったあとの高値で再度買うことになってしまい、

10倍までは資産が膨れあがっていないかもしれません。

たしかに、業績が右肩上がりで好調な銘柄は事実で売られやすいです。

しかし、売られたら安く買えるんです。

お得に買い増せますから、事実で売ら続けて、底を迎えて一時的に安くなったタイミングが、

絶好の押し目買い

になるとも言えます。

あとがき

以上です。噂で買って事実で売られることは事実だと思います。

そのことを利用して儲けることが投資では大事なコトです。

それでは、良い投資家ライフを〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする