前置き

 

どうも、ジョーです。

2018年は、天災が起きて日本がマイナス成長だったり、米国でもハイテク株を筆頭に大幅な株価下落があったり散々でしたよね。

特にハイテク株は、プライバシーの問題が山積みで今後も株価が重い展開が続くんじゃ…?

 

って思いますよね。

 

ジョーも、半分そう思うんですよ。

 

半分思うんですけど、年末にかけては徐々に株価伸びるんじゃないかなって。

まあ、証券マンの営業してるから、普段話してて、思わされてるだけかもしれないですけども。笑

 

日本株を見てもアベノミクスが始まった2012年11月水準の今って割安だと思うし。

米国株だって、今騒がれてるアップルですら、5Gが導入されたら、アップルのサービスだってもっと使われるはずだし。

 

って読み返すと、すごく証券マンっぽいセールスしてますね。笑

 

ふだんどんなセールスしてるかバレますね。

 

なんで、今回は材料だけドーンと投下してみようかなと思ったりしまして。

 

いくつか、2019年のキーワード投入していくんで、気になる材料が見つかると思います。

 

それでは、イッてみましょ〜!

 

5Gが導入され始める

 

5Gというのは、通信回線のことです。

 

ちなみに今、ほとんどの携帯は4Gのはず。気になる方は、携帯画面のアンテナ横のキャリアの隣を見てください。

 

殆どの方の携帯には、4Gって書いてあるんじゃないかなと思います。

 

これがゆくゆくは5Gになるんですが、携帯は2020年に本格導入されると言われてるので、早ければ2019年の年末に株価に影響し始めそう。

 

しかし、今年フライングで5Gを導入する企業と噂されているのが、米国だとベライゾンやAT &T。

ハリーポッターのARも今年、米国で発表される予定ですが、5G絡みです。

 

あ、ちなみにARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されます。

 

実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて、目の前の世界を仮想的に拡張するので、VRを超えるリアリティを持つと言われたりします。

 

5Gは2019年の注目キーワードですね。

 

 

 

水質改善が必要

昨年、マイクロソフト会長のビルゲイツ氏が、う○こが詰まった瓶を片手に

 

この中は、200兆のロタウイルス、200億の赤痢菌、10万の寄生虫の卵の住処になっています。

と語り無水トイレを普及させたいと演説しました。

 

ようは貧困層のトイレ事情を改善しようという話です。

 

これってそもそも、水質が悪い国が多いからでして、

 

日本のように飲める水が溢れるようにある国の希少価値は、今後ますます上がっていく状況です。

 

 

 

つまり、日本の水関連事業の会社は、今後、水で稼げる時代が来るはず。

 

そのスタートがもしかしたら2019年かもという話です。

 

 

 

働き方改革が必要

 

日本の高齢化問題は深刻です。平均年齢が45.9歳と、世界一の長寿国。

ちなみに世界の平均年齢は28.2歳。

 

日本の労働力は減る一方ですね。

 

 

しかも、少子化も進んでいる状況で、

2016年の合計特殊出生率は1.44。「1.57ショック」の頃の水準にすら回復していないのが現状です。

 

そんな状況なので、働き方改革が注目されないわけがないのです。

 

アルベルトのような、会社が注目されるのは必須です。

 

 

 

 

ゴールデンウィーク10連休で、旅行関連が注目される

 

今年は、長期旅行する人が増えるという予測。旅行関連会社や航空会社は、業績を上げると投資家が期待しやすい状況です。

 

特に円高も進んでるとなれば、海外旅行関連会社に注目が集まると予想できます。

 

 

 

引き続き注目していくべきです。

 

 

 

2025年万博が開催予定

 

日本で万博が行われる予定であることも注目です。

 

25年万博の開催期間は5月3日~11月3日の185日間とされています。

 

大規模な万博としては05年の愛知以来、大阪では1970年以来55年ぶりだそう。

 

大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲(ゆめしま)を会場とし、2800万人の来場を想定してるとのことで、過去最大級の規模。

 

クレヨンしんちゃんの大人帝国の逆襲をふと思い出したのは、ナイショです。笑

 

政府は20年東京五輪・パラリンピック後の景気刺激策と位置付けているそうで

 

約2兆円の経済波及効果を見込む。

 

カジノ関連にも注目ですね。

 

 

 

 

ビッグデータ

データが石油より貴重だといわれる時代において、ビッグデータの存在は無視できません。

ビッグデータによって実現できることは

沢山ありすぎます。

株価6倍以上を記録したアルベルトもビッグデータ関連銘柄。

夢を見るならビッグデータ関連がいいかもしれないですね。

 

引き続き、ビッグデータ関連事業には注目です。

このタイミングこそオリンピックが注目される

オリンピックも一年後と、そんなに先の話でもなくなりました。

今から、上がると予想される銘柄も沢山あるはずです。

オリンピックをキーワードとして投資するのも大事だと言えますね。

 

あとがき

 

以上です。ざっと2019年の投資キーワードを書いてみましたが、これ以外にもまだまだ沢山あります。

 

投資キーワードを意識して、銘柄を探すとお宝銘柄が見つかるかもしれませんね。

 

今後も、キーワードについて探りにいくといいですよ。

ではー!

投稿者について

ライフバリューエンハンサー@現役証券マンのジョーです。
現在は、某証券会社でベテラン社員の後任を任されて、数十億円の資産を託していただいている証券マンです。
このブログでは、LIFE(人生)のVALUE(価値)をエンハンス(向上させる)ことを生業としています。
私が、この取り組みを始めたのは給料が900万円以上は幸福度が上がらないという研究結果を知ったからです。
そこで、自分の幸福度もどこかで頭打ちになるなら今のうちに味わえる幸福度を高めたいと思ったのです。
実際に私自身が働く時間が長く、人生の楽しみって何だろうと思ったこともあります。
働く時間が長いなら、楽しみもより大きくしたい!そう思ってから私は、様々な楽しい体験をするようにしました。
今後、働き方改革によって余暇の時間の充実度はますます重要になるでしょう。
このブログでは、私の経験をもとに楽しい経験を味わえる機会、人材としての価値を高められる機会を紹介します。
あなたの人生で味わえる幸福度を爆発的に高めるブログです。
具体的には
・今すぐにできる楽しい経験を提供する
・将来さらに余暇を増やせるように時間対収入の良い稼ぎを増やす
・余剰時間でさらに人生で味わえる楽しい経験を増やす
人生で味わえる幸福度を上げられる情報を発信しています。

おすすめ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です