Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/camusxyz1202/inote.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

株式投資でこれだけ守れば貯金を増やせる三つのこと!

どうも、現役証券マンのジョーです。

前書き

今日の記事は、資産を増やすためには、貯蓄を株式投資にどれだけ充てたらいいんだろうか?

という疑問を持たれている方への解決策を書いた記事になっています。

貯蓄を株式投資に回す比率を最適化することによってリスクを抑えつつ、資産を増やすことができるようになります。

次の項目では、日本国の個人の貯蓄比率について話していきます。

日本国の個人の貯金比率ってどれくらい?

まず、日本国の貯蓄の比率について触れさせていただくと

総務省統計局のデータによると、80パーセント程度ということでした。

これに対して、2人以上の世帯で貯蓄に占める有価証券の割合は15パーセント程度だとのことです。

つまり、日本人の平均世帯の方は、15パーセントほどを債券や株式などに投資していることになります。

日本人は保険と貯金が好きという話がありますが、実際85パーセントほどを保険と貯金で所有しており、円の価値が高いデフレ下で威力を発揮する状態になっています。

しかし、時は経ち、現在は大量の日本紙幣が印刷され、円の価値は目減りしていく一方の円安の時代です。これからもインフレが進むことになれば、資産が目減りしていくことになります。

したがって、現在の預金比率は、現代のインフレ環境には適切でない部分があるでしょう。

次の項目では、全金融資産に対しての、投資比率について話していきます。

金持ちはどれくらいの比率で、収入を投資に回しているの?

さてここで、所得による投資比率についても総務省統計局のデータから言及すると

もっとも所得の低い、平均年収336万円の第115パーセント階級は、4.9パーセント

平均年収1223万円の第5階級は、16.1パーセントと

実に11.2パーセントもの開きがありました。

つまり、所得の多い人ほど投資へ回す比率が高いということが言えます。

さて、このようなデータがあるなかで、実際にどの程度、投資に資金を回していったらいいかという話をします。

実際、どれくらいの資金を投資に回せばいいの?

まず貯金をいくらの割合ですればいいかの話をすると、4分の1貯金法という方法が世の中にはあります。この方法は本多静六氏という東大教授だった方が考案した方法で

貯金は収入の4分の1は必ず行うというものです。

実際、収入の4分の1を貯金となると、節約をしないといけないので厳しい局面もありますが、ようは、生活費などの必要経費を除いた余剰資金の分だけ、投資に回せばいいということです。

さて、ここまで話してきましたが、

貯蓄を株式投資に回す配分の参考例はわかったけども、実際にどういう投資をしたらいいの?

と思われているかもしれません。

次の項目では、株式投資で儲けるためのルールについて話していきます。

株式投資ってどんなルールで投資をしたらいいの?

株式投資って、実はルールを守ってやらないとかなり損をしてしまったりします。

しかし、自分ルールを作成することで、手を引く場面を誤ってしまったり、絶好の買いチャンスで躊躇することを減らすことができます。ですが、ほとんどの方は自分ルールを作ったとしても、徹底して守ったりしていません。

それは、自分ルールがなんで役に立つかを明確にできていないからだと、ジョーは思います。

というわけで、あなたが株式投資で自分ルールを作るうえで参考になる考え方を、ルールと一緒に紹介するので日頃の株式投資にぜひ役立ててみてください。

損切ラインを超えたら徹底して、損切する

これは、あなたが大きくマイナスをしてしまって、次の勝負で取り返せなくなることを防ぐためのルールです。

株式投資をしていると、つい、一回の投資で勝ちに行こうとしてしまったりします。

しかし、株式投資は最終的に勝てばいいゲームです。小さな負けも含めて勝ちの回数を大きくできればいいんですから

負けたときは、潔く撤退したほうが良かったりするのです。

一度の負けを、勝負全体での負けにしないためには、絶対に守るべきルールです。

株価が下がった時に、買いを仕込む

これは、あなたが株式を割高で買わないで済むために絶対に必要なルールです。

もし、あなたがよっぽど株式の先を見る目が合って、これからもどんどん伸びるということが分かっていれば

高値更新の時期に買い増ししてもいいんでしょうが、そうでない場合は、株価が下がった時に買いましょう。

特に、日本株式は、上がったら上がりっぱなしということはなかなかないです。つまり自信がないなら徹底して、株価が下がっているときに買いましょう。ちなみに、どんな株式が下がっていたら買うべきかは、以下のページで紹介しています。

どうもこんにちは! 現役証券マンのジョーです! 今回はですね、 「ワンWEEK副業投資プログラム」 について、いろい...

試しに読んでみてるだけ読むのもおすすめです。ブック〇フに並んでるような、陳腐な投資解説本とは一線を画す知識が手に入ります。

投資に絶対はないと心得る

投資に絶対はありません。チャートでゴールデンクロスが出てようが下がるときは下がるし、バフェットさんが買い増ししていようが株価が下がったりもします。

そう、すべては可能性を判断する材料に過ぎないというだけで、いろいろなサインを平等にみる視点が大事なのです。

つまり、ゴールデンクロスが出ているから、100パーセント株価が上がるとみるんじゃなくて、5パーセントくらい株価が上がる可能性があるとみるべきなのです。

ほかに、バフェットさんが買い増していても、100パーセントじゃなくて、5パーセントくらい株価が上がるって考えるべきです。(バフェットさんに怒られるか。笑)

それぐらい、いろいろな投資材料を可能性を上げる材料と判断して、投資をしていける姿勢が大事です。

ようは、投資に絶対はないことを理解して初めて、投資家として株式で成功するチケットを手に入れられるのです。

あとがき

以上となります。株式投資のテクニックは、株式投資にのぞむ姿勢が整っていて初めて効果を発揮するものです。

まずは、儲かる投資姿勢を手に入れて、株式投資で不労所得を手に入れる土台作りをしていきましょう。

それでは、良い投資家ライフを~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする