現役証券マンが選んだ、株式投資が有利になる「ネット証券」のオススメ会社情報

どうも、現役証券マンのジョーです!

前置き

先日、疲れていた顔をしていたらしく、同僚に「ぼこぼこにされたボクサーみたいな顔しているね」って言われました。

漫画のあしたのジョーって、ぼこぼこにされるほうだったっけ?と思いながら、

するほうだよな?するほうでしょ?って思いながら、

その日も、会社というリングから帰社しました。

俺は真っ白く燃え尽きたりなんかしないぜ!!

今日は、現役証券マンの視点で、オススメできるネット証券を選んでみました。

あなたは、大手の証券会社で投資をしようと思ったときに

手数料が高い!って思ったことはないでしょうか?

それで今度はネット証券で取引を始めようと思って調べたら

どういう視点でネット証券を選んだらいいかがわからない・・・

やっぱり、初心者はおとなしく大手証券会社で高い手数料を払って、アドバイス受けたほうがいいんじゃ・・・?

大手証券会社で口座開設したら、どんどん営業をかけられるのでは・・・?

けれども、どのネット証券がいいかなんてやっぱり選べない!!!

なんて、堂々巡りな考えに陥ってしまってしまうこともありますよね。

さて、今回の企画はえりすぐりのネット証券会社を、現役証券マンの視点で選び抜いてしまうというものです。

通常、現役証券マンがネット証券を薦めたらウチクビです笑

それこそ、ぼこぼこにされるじゃすまないでしょう笑

絶対にお客さんにお勧めできません。

なんで、そんなウチクビものなことをやっているのかというと、ジョーはこの業界で働いていて、おかしなことを沢山目にしてきたからです。

その一つとして、手数料が高すぎるということがあります。

ジョーは証券会社に勤めていて「手数料がバカ高いな」って思いながら商品を売らなかった日がないんです。笑

投資信託だって手数料3パーセントかかるし、株式だって1取引で1パーセント以上の手数料がかかる。

ぶっちゃけ、これって適正な手数料率なんだろうかって、いっつも思っています。

つまりこの企画は匿名で書けるネットだからこそ、できる本当にやりたいことの一つなので

今日は満を持して、記事にしたのです。

手数料が安いネット証券会社はプラスアルファのサービスで選ぶのが大事?

さて、ネット証券会社を調べてみると、どの会社も手数料が劇的に安いということがわかりました。

ネット証券で口座開設をするだけで、大手証券会社の対面取引口座で開設するよりも手数料でアドバンテージがあるわけです。

よってネット証券で口座開設をする場合は、手数料が安いというのは当たり前です。

ネット証券で口座開設するなら、投資をするうえで役に立つツールが手に入るかどうかなどの、ほかの要素も検討して選ぶことが大事です。

そこで、独自のサービスを提供しているネット証券会社特集を作りました。

では、イッてみましょ~

独自の使える投資サービスを提供しているネット証券会社9選

マネックス証券

1注文が30万円以下の取引手数料は格安。豊富な商品ラインアップ、多様な注文機能、高機能トレーディング・ツールを装備しています。保有銘柄のすべてと、注目銘柄を好きな数だけ表示できる株価ボードが無料で利用可能です。

カブドットコム証券

三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券。自動売買方式の種類は業界最多株価ボード機能や取引用語等の解説が充実。一日定額制の手数料制度がないのが残念ですが、50歳以上の方に手数料割引制度があります。複数日にわたる内出来も一注文として計算されて、90銘柄以上も登録銘柄にしてチャートを一覧できます。

SBI証券

豊富な品揃え、高機能のトレーディングツール(有料)、住信SBIネット銀行と連動した好金利預金やATM・振込みサービスの無料利用 (一部回数制限あり) が好評です。ネット証券の使い方に十分慣れてくると、この証券会社の魅力が光って見えてくるともいえます。

楽天証券

楽天グループのネット証券。株式手数料が安く、東証の最新売買システムに対応した高速発注システムを装備。 商品のラインアップが豊富で特に投信の品揃え(積立型、ノーロード、毎月分配)も業界屈指。証券取引で貯めたポイントを楽天市場で利用できます。
投信や信用取引の残高のある方には、残高金額のレベルに応じて、手数料を割引く「超割コース」もあります。

野村ネット&コール

野村證券が運営するネット取引専用サービス。 証券・為替・商品の市況情報投資情報が豊富に揃っております。会社四季報に加えて『会社四季報プロ500』も無料で使えるのが嬉しい。注文機能も過不足なく揃っており、初心者からベテランまで幅広く愛用されています。

松井証券

取引画面は初心者にもわかりやすいシンプルな表示機能本位に設計されております。トレーディング重視の人にもうれしい株式手数料が安い体系となっています。 (SBI証券に次ぐレベルで、 一日定額制のみ )即日決済取引という株の売却代金を即日キャッシュ化出来る全く新しいサービスが特色。

大和証券オンライントレード

大和証券が提供するネット取引サービス。発表即日で大和証券グループの豊富な投資情報を無料で利用出来ます(一部条件付)。大手証券ならではの幅広いサービスや機能が満載。手数料は紹介会社の中では高め。テクニカル分析を重視する場合は、カスタム自由度が高い「多機能チャート」他の分析ツールを無料で使えるので魅力的です。

GMOクリック証券

デリバティブ系の商品は豊富です。取扱高が世界ナンバーワンのFXはもちろん、株版のFXと名高いCFDや、為替レート等をあるレートより上か予想するハイ&ロウ的な取引である、バイナリオプションなどを取り扱っています。その他、スーパーはっちゅう君、はっちゅう君、発注君プラス、レーザートレードなどいろいろなツールが使えます。

丸三証券のマルサントレード

業界情報や業績解説サービスの「日経バリューサーチ企業レポート」が使用できます。スマートフォンアプリ「マルサントレード」で日経テレコンを無料で使えます。PCからも取引画面(Webブラウザ)から日経テレコンが無料で使え、口座管理料がかかりません。売買手数料が30万円以下259円からとネット証券並みに安いのが特徴です。

株式投資で有利になるネット証券を選ぶ視点とは?

投資を薦めていくうえで大事なのは、投資判断に使える情報をいかに仕入れるか、です。

その際に、やくにたつのがネット証券会社が提供している、独自ツールだったり日経テレコンだったりします。

各社、口座開設すると安く新聞の情報が手に入ったり、ほかの証券会社よりも一歩抜きんでた手数料の安さを提供したりと、激戦しています。

投資は情報戦です。

お得に情報が手に入るということもだいじですが、使えるツールを多くして、投資に使える判断材料を増やせるところまで増やしたほうが、投資判断に使える情報量を多くできます。

毎回の手数料がある一定水準まで安いのであれば、ひとつでも多くの投資判断に使える情報を使えるネット証券会社で口座開設するのがいいでしょう。

どんな株式を買ったらいいかわからない…という方はこちらの記事がオススメです。

どうもこんにちは! 現役証券マンのジョーです! 今回はですね、 「ワンWEEK副業投資プログラム」 について、いろい...

今回は以上です。良い投資家ライフを~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする